母の日はコロナ自粛でどうする?リスク対策と農家支援に花の通販ギフト

もうすぐ母の日ですが、今年は緊急事態宣言が出されるなど、普段と違うので、こんな時に母の日はどうなのかな?いつも通りでいいの?と気になりますね。

5月10日の母の日だけでなく、5月まるごとを「母の月」にしよう!というキャンペーンが、「日本花き振興協議会」から発表されました。

こうしたニュースやネット上の声から、今年の母の日ギフトのポイントをまとめ、プレゼントにおすすめな花の通販、定期便サービスをご紹介します。

この記事のまとめ
  • 母の日プレゼントを買いに行けない、感染リスクや宅配便負担が心配
  • こんな時だからこそ感謝の気持ちとおうち時間の充実を
  • 感染リスク対策に、宅配便や通販を利用
  • 宅配便負担増の対策として、置き配やポスト投函できるものを贈る
  • もらってうれしかったプレゼントはやっぱり花
  • 花屋や農家、経済支援には花ギフト
  • 外出自粛などストレス対策に花を飾るのが効果的
  • 長期化するコロナ疲れとストレスに、継続的に花をプレゼントできる花の定期便サービスがおすすめ


スポンサーリンク

コロナで母の日プレゼントどうする?ネット上の声

コロナ感染リスクから外出や買い物は自粛

緊急事態宣言が全国に出され、デパートやショッピングモールの休業している地域もたくさんありますね。

いつもプレゼントを買いに行ってるお店が閉まってる!なんてことも。

デパートなどが休みになっているだけでなく、外出自粛が重要な時期ですよね。

たとえお店が営業していたとしても、そもそも外出して買い物すること自体が、感染リスクを高めてしまうことにもなりかねません。



今年はGWの大型連休中にも、外出しないよう呼びかけられています。県外への移動も控えてとされており、実家への帰省もできません


宅配便してもいいか不安!でも経済の影響も心配

普段の買い物でも、通販や宅配を利用する機会がとても増えています。宅配業者、運送業者の人達はとても忙しいはず。

母の日のプレゼントまで宅配にすると迷惑なのでは?という声も。

しかし、こんな時だからこそ、花や好きなものを贈って楽しんでほしいですよね。母の日自体を自粛してしまうと、花農家や花屋などの経済にも影響がありそうです。

そこで宅配便の配送集中を避けるため、5月10日の母の日だけでなく、5月まるごとを「母の月」にしよう!というキャンペーンも発表されています。


Twitterでは貴重な意見を発見しましたよ。

Amazonやヤマト運輸など置き配や非対面受け取りに対応していますし、たしかに在宅勤務が増えているので、家にいる時間も多くなっています。



ちなみに2019年10月の調査で、再配達率は全体の15%なんだそう。(国交省「宅配便再配達実態調査」)

家にいる時間が増えることで、再配達も減り、夜の時間帯に配達が集中することも減っているのかもしれませんね。

もちろん、だからといって不要不急の宅配便や通販を増やしてはいけませんが、配慮しながらプレゼントを贈りたいですね。


スポンサーリンク



コロナ影響の母の日、おすすめプレゼントは花の定期便

やっぱり母の日といえば、花、つまりフラワーギフトを贈るという人も多いですよね。調査では、花はもらってうれしかったものとしても上位にランクインしています

今までもらった母の日ギフトで一番嬉しかったものは?

1位:手紙(34%)

2位:花(25%)

3位:スイーツ・グルメ(7%)

出典:ギフトメディア「memoco」が20〜50代の子どもがいる母親100名にアンケート



手紙が1位なので、今年は特にいいかもしれませんね。花は25%と、3位のスイーツ・グルメの7%に大きく差をつけています。

ネット上のいろいろな意見などから、2020年母の日のプレゼントのポイントとして考えられることをあげてみました。

  • 母の日にこだわらず、感謝の気持ちを伝える
  • ビデオ通話や電話でオンライン帰省
  • 買い物はネット通販を利用するなど感染リスク対策
  • プレゼントを宅配する時は、遅延してもいいものにする
  • 宅配便の日付指定はせず、置き配や宅配ボックスなどを利用
  • ポスト投函できるものをプレゼントにする
  • おうち時間を豊かにできるアイテムを贈る
  • 手紙を送る花を贈るのが喜ばれそう



買い物時の感染リスク対策から、ネット通販を利用しての宅配便などでプレゼントを送ることになります。

宅配便の配送負担や受取時の感染リスク対策を考えると、置き配やポスト投函できるものがいいですね。

外出自粛で家にいる時間が長くなるからこそ、おうち時間を充実させるアイテムとしての花は喜ばれそうです。

ネット通販で、母の日のフラワーギフトを買うなら【フジテレビフラワーネット】がおすすめ。めざましテレビで毎週紹介されているのを見たことある方もいるのでは?

即日配達にも対応しており、送料無料のフラワーギフトも多数あるのがうれしいポイント。トップフローリストのおしゃれなギフトにも注目です。

さらに今なら新規会員登録で5%OFFクーポンをプレゼントなので、見逃し厳禁ですよ。


花のプレゼントはコロナ疲れ対策や農家支援に!

母の日といえば、やはりフラワーギフトが喜ばれそうという結果ですが、母の日は毎年のこと。こんな悩みがありませんか?

  • 毎年、カーネーションや鉢植えばかりでマンネリ
  • 花は枯れてしまうし、一時だけの楽しみになってしまう
  • 枯れないプリザーブドフラワーも、すでにマンネリ
  • 長期的に楽しめるものがいい
  • フラワーギフトは大きく、生ものなので宅配便の負担が心配



そこでオススメなのが、ポスト投函で受け取れる花の定期便サービスです。

お花の定期便【Bloomee LIFE】は、累計300万本のお花を配送、3万世帯もの利用者がいるという実績あるサービス。

Instagramでは「#bloomeelife」タグの投稿が4万件を突破しており、話題になっているんですよ。

全国100店舗以上の花屋さんが、週替りで季節の花を選んで送ってくれます。配送先の近くの花屋さんから配送されるので、花が元気な状態で届くんです。

しかもポスト投函で、家にいなくても受け取れて1回500円~とお手頃価格。

お花の定期便【Bloomee LIFE】の特徴をまとめてみます。申込者と別の住所にも配送できるから、プレゼントにできますよ。

  • プロがアレンジしたいつも違う組み合わせのお花が定期的に届く
  • ポスト投函だから、忙しくてもいつでも受け取れる
  • 花を守る専用の箱もオシャレで、SNS映えバッチリ
  • 配送中に傷んでしまったお花は無料で再送
  • 毎週か隔週、ペースが選べ、旅行や出張時にはスキップOK
  • プランは3種類、1回500円から!(送料別)
  • 登録はたったの1分、3ステップ!




緊急事態宣言などの影響で外出自粛ばかりで、ストレスから「コロナ疲れ」「自粛疲れ」という言葉もうまれるような状況。

実は花を飾ることは、ストレスを緩和させる効果があることが科学的にわかっているんです。



特に今年はイベント中止や外出自粛で、花き業界への影響が深刻になっているのだそう。

3月には農林水産省が「花いっぱいプロジェクト」を発表し、話題になりましたよね。花を買うことは、農家や花屋への支援につながります。

くわしくはコチラの記事をごらんくださいね。



花の定期便サービスを、母の日のプレゼントとして贈ることにはこんなメリットが。

  • 長期的に、お花のある暮らしをプレゼント
  • 花を飾ることによる癒やし効果で、コロナのストレス緩和
  • 新しいお花が届くから、いつも手間いらずで花を楽しめる
  • 継続的に花を買うことで、花屋や花き農家の支援につながる



花束は1、2週間もすれば枯れてしまいますし、鉢植えもお手入れが結構面倒で花が咲いていない時期もありますよね。

でも花の定期便なら枯れても次のお花が届きますし、花がない時期がないんです。



新型コロナウイルスの流行は長期化しそうだといわれています。こんな時だからこそ、外出自粛などのストレス対策が大事。

花の定期便サービスで花を贈ることで、長期的に続くストレスを和らげることができる上に、花屋や花き農家の支援も継続的にできますね。

定期便だと継続契約が必要で、予算が合わないかも?と心配ですね。母の日のプレゼントの予算で最も多いのが、3,000円~5,000円だそう。

お花の定期便【Bloomee LIFE】は、4回の配送が終われば、いつでも解約OK

例えば一番人気の「レギュラーコース」は1回800円。送料をあわせても、4回の配送が税込約5,000円。

もう少し手軽な1回500円の「体験コース」なら、送料あわせて4回で税込3,300円程度。予算に合わせて選べるのがうれしいですね。

お届け間隔は毎週、または隔週が選べるので、もし4回の定期便を隔週で送ると2ヶ月間、プロがアレンジしたお花を次々楽しむことができます。

花束やフラワーアレンジメントでは2ヶ月間も楽しむのは難しいですよね。どんな花が好きか、プレゼントする花を悩む必要もありません

お花の定期便【Bloomee LIFE】では、花の説明やお手入れ方法はもちろん、長持ちさせるための品質保持剤もセットで送ってくれるので、隔週でも長く楽しめますよ。

花屋でお花を買ったあと、お手入れ方法に悩んでしまうことがありますが、そんな心配もいりませんね。

外出自粛中でも、これなら花が届くまで待っているだけで花のある暮らしを楽しめます。



登録はたったの1分、簡単3ステップ。

ステップ2の配送先情報の入力時に、「プレゼントですか?」というチェックボックスがあるので、チェックしてお母さんの住所を入力すればいいだけで簡単ですよ。

花の定期便BloomeeLifeを始めた人の口コミは?

一足先にお花の定期便【Bloomee LIFE】を始めた人の感想、口コミをみてみましょう。先週のお花も元気なので、いっしょに花瓶に挿してみたという声や、癒やされるという声が多数。

届くのが楽しみになるみたいですね。今なら母の日向けの素敵なピンク色のパッケージで届きますよ!

この投稿をInstagramで見る

今週もお花が届きました❁❁❁ 先週のお花もまだ生きてる?と思うので 数本一緒に挿してみた☺️ お花屋さんのメモにも「明るくポップに」 って書いてあったけど、ホント元気出る感じ!! つぎはどんなお花が届くかなー?と 毎週の小さな楽しみになってる❁❁❁ ✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼ #今週のお花 #ガーベラ #カーネーション #ナルコラン の葉 #ブルーミーライフ #bloomeelife #花のある暮らし #flower #こんな時こそお花を飾ろう #花で癒される #stayhome ✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼

@ s345yokohamaがシェアした投稿 –



母の日に花の定期便ブルーミーライフで農家や経済支援

緊急事態宣言が出され、外出自粛が呼びかけられています。

母の日が近づいているものの、買い物に行けなかったり、感染リスクが不安、宅配便の負担の心配といった声がネット上であがっていました。

こんな時だからこそ、感謝の気持ちとともに、おうち時間を充実させてほしいという気持ちもありますよね。

宅配便の負担をなるべく抑えるよう、置き配や宅配ボックスの利用やポスト投函できるものを贈るといった工夫をするのがよさそうです。

そんな時にオススメなのが、ポスト投函で届くお花の定期便【Bloomee LIFE】

お花が届くまで待っているだけでいいので、外出自粛にも効果的ポスト投函なので、宅配便の煩わしさや配達時の感染リスクも少なくできます。

長期的にお花を贈ることで、コロナ疲れや自粛疲れといったストレスの解消花屋や花き業界支援もできますよ。

母の日のプレゼント予算3,000円~5,000円に合わせてプランも選べるので、お財布にもうれしいですね。

せっかくフラワーギフトを贈るなら、お花の定期便【Bloomee LIFE】でお花を長く楽しんで、経済や農家支援にもつなげちゃいましょう。


スポンサーリンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました