「たくのむ」のセキュリティと使い方は?オンライン飲み会に無料で高評価!

外出自粛やお店が休業などになる中、オンライン飲み会が広まっています。

なんだかややこしそう、という方のオンライン飲み会におすすめなサービスが、「たくのむ」

普通の飲み会は、幹事がお店を予約して参加者を取りまとめて、料理やコースを予約、二次会はどうするか、といった段取りをすることが多く、大変ですよね。

でも「たくのむ」を使ったオンライン飲み会なら、飲み会ルームを作るのも数クリックで済むため、参加者のうち特定の誰かに大きな負担がかかることはありません。

使い方はどうなの?アプリがいるの?セキュリティは?といった疑問についてまとめました

この記事のまとめ
  • 「たくのむ」とはアプリやアカウント登録不要で簡単に使えるオンライン飲み会サービス
  • 「たくのむ」はスマホもパソコンもOKで、誰でも使いやすく、オンライン飲み会ツールにおすすめ
  • 12人まで無料でビデオ通話できるキャンペーン中
  • 「たくのむ」の使い方は数クリックで簡単
  • オンライン飲み会にぴったりな機能が追加されており、今後も期待できるサービス
  • 飲み会ルームURLの有効期限は、約1日
  • セキュリティ面は比較的安心できそうだが、URLの取り扱いに注意
  • 「たくのむ」でオンライン飲み会を楽しもう



「たくのむ」に繋がらない、重いときの対処法はこちらをごらんください。

スポンサーリンク

オンライン飲み会ツール「たくのむ」とは?

「たくのむ」とは1010株式会社が提供するオンライン飲み会サービス。

3月28日にリリースしてから72時間で2万5000ユーザー、7000件のオンライン飲み会が開催されたという話題のサービスです。

アプリのダウンロードは不要で、URLにアクセスするだけでオンライン飲み会、つまりビデオ通話ができるサービスです。

オンライン飲み会に「たくのむ」がおすすめな理由

「たくのむ」をおすすめする理由10選

オンライン飲み会に「たくのむ」がおすすめな理由をあげてみました。

「たくのむ」がオンライン飲み会におすすめな理由
  • 参加者のアカウント登録やアカウント交換が不要
  • アプリのダウンロード不要
  • 設定が簡単で誰でも使いやすい
  • スマホ、パソコンどちらでもOK
  • 利用時間の制限なし
  • 基本的に無料
  • 12人まで使える(通常7人以上は有料ですが、無料キャンペーン中)
  • オンライン飲み会専用の機能がある
  • 仕事とプライベートを分けやすい
  • 飲食店を支援するサービス・団体へ一部売上を寄付しているため、飲食店へ貢献できる


たくのむはアカウント登録やアプリ不要!スマホもPCもOK

「たくのむ」はURLにアクセスするだけでビデオ通話ができるサービスなので、アプリのダウンロードは不要です。

参加人数が7人以上になると通常は有料ですが、現在は12人まで無料で利用できるキャンペーン中です。

パソコン、iOS 13以上のiPhoneおよびiPad、Android 10以上の端末で利用できます。

アプリのダウンロードやアカウント登録がいらないのが、一番のメリットでしょう。参加者のアカウント交換に手間取る、設定が難しいといった心配は無用です。

仕事で使っているアカウントとプライベートは分けたいという場合も、「たくのむ」ならアカウント自体いらないので楽ちん。

また「zoom」は有料アカウントがない場合、40分の時間制限があります(2人までなら無制限)が、「たくのむ」なら時間無制限で使えるのもうれしいですね。


スポンサーリンク



オンライン飲み会をたくのむで!使い方は簡単

たくのむの使い方を1から画像で解説

「たくのむ」の使い方は簡単です。 

1.「たくのむ」のサイトにアクセスし、「飲み会ルームを作成する」をクリック



2.飲み会時間を設定(設定しないこともできる)、「飲み会ルームを作成する」をクリック



3.表示されたURLやQRコードから、飲み会ルームへアクセス。飲み会したい相手にURLを送る

飲み会ルームのURLはLINEに送ることもできます。



招待用URLから入室する際の注意点
  • LINEやTwitter、Facebookから、たくのむの招待用URLを開くと「Whereby」というアプリのダウンロード画面につながるなど、うまくアクセスできないことがあります。
  • たくのむの招待用URLをコピーして、ブラウザにペーストして開きましょう!
    (iPhoneはSafari、GoogleChromeは対応してません)


4.飲み会ルームへの入り方は、URLにアクセスして自分の名前を入力し「Continue」

ここで入力した名前が、「たくのむ」を利用したオンライン飲み会中に表示されます。別のURLを利用する時は再度入力画面になるので、今回表示したい名前を入力しましょう。

飲み会途中で表示する名前を変更することもできます。

入室後の自分の画像上にある、縦に並んだ3つの点のアイコンをタップ、「set display name」から簡単に変更できますよ。



5.カメラとマイクのアクセスを許可

カメラとマイクのアクセスを許可したあとに、オフ(ミュート)にすることができます。

「Request Permissions」を押し、カメラやマイクを許可するとビデオ通話画面になるので、顔をうつしたくないという場合は、見られてもよい場所をうつしておきましょう。

有効になるカメラは、インカメラ=スマホの画面側にあるカメラです。

スマホやタブレットの場合は、画面を天井に向けておくなどするといきなり顔がうつってしまった、というのを防げますよ。


6.ビデオ通話画面になるので、あとは飲み会を楽しむ
チャット機能もあるので、「このHPおもしろかった!」なんてURLを共有したり、絵文字を送ったりもできますよ。PCなら画面共有機能もあって便利。

もちろん途中でマイクやカメラのオンオフ(ミュート)も可能。飲み会ルームのURLは約1日有効なので、別の誰かにURLを送って途中参加してもらうこともできます。

クリックまたはタップするだけで、あっという間にオンライン飲み会できちゃう「たくのむ」。スマホもパソコンも同じ手順なので、迷わずできます!

スマホのカメラの角度を変えたり、充電しながら話したり、手ぶらで飲むためには、角度を変えられるスマホスタンドがあると便利ですね。



手順2で設定した飲み会時間が終わると、二次会に参加するかどうか(このまま続けるかどうか)を聞いてくれます。


際限なく続いてしまいがちなオンライン飲み会ですが、決めた時間の目安があるのは便利ですね。



なお「たくのむ」に繋がらない、重いときの対処法はこちらをごらんください。


たくのむのオンライン飲み会専用機能とは?背景変更も

「たくのむ」はZoomやSkype、LINEといった他のビデオ通話ツールやアプリと違い、オンライン飲み会用サービスです。

そのため飲み会にほしい機能が順次追加され、今後も増えていくそう。

実装済み、実装予定のオンライン飲み会専用機能はこちら。

「たくのむ」に実装済みのオンライン飲み会専用機能
  • 飲み会の終了時間を設定するタイマー機能
  • 背景や顔を変えたり、加工できる機能(パソコンのみ、「Snap Camera」のインストールが必要)
今後、「たくのむ」に実装予定の機能
  • 出前を注文する
  • 飲み会中に自動で撮影された写真を閲覧できるアルバム機能



注目はZOOMで注目されている背景変更機能が、4月10日に実装されたことでしょう。

しかも背景を変えるだけでなく、自分の顔にメイクしたり、違うキャラクターにしたりもできます。

パソコンのみ対応ですが、スマホでもぜひ対応してほしい機能ですね。



4月17日から30日までは、全国の自治体や花見実行委員会と連携し、オンライン飲み会で花見が擬似体験できるキャンペーンを開催していました。

「たくのむ」飲み会画面の背景に全国各地の桜の名所の画像がランダムで表示され、花見を楽しめる機能です。

夏には花火大会を楽しめるキャンペーンなどを企画してもらえると、楽しめそうですよね。

様々な機能が追加される「たくのむ」、今後の追加機能も楽しみです。

たくのむでオンライン飲み会してみた!ネット上の評価

実際にどんな画面なのか、ネット上でたくのむを利用してオンライン飲み会をやってみたみなさんの評価をみてみましょう。

簡単操作がいい、楽しい、便利といった声が多数みられ、高評価ですね

背景を変えられる機能がパソコン限定とはいえ追加されたので、部屋をうつしたくない人もチャレンジできそうです。


たくのむのセキュリティは安全?Zoomは脆弱性が心配

オンライン飲み会に特化した機能があり、簡単に使えて人気の「たくのむ」。ビジネス上で使用されている「Zoom」と似ており、URLにアクセスすればいいのは便利ですね。

しかし現在、「Zoom」は乗っ取りや乱入されるケースが多発しており、Googleが全面使用禁止にするなど、セキュリティリスクが話題になっています。

「たくのむ」はオンライン会議サービス「Whereby(ウェアバイ)」の仕組みを利用、全面的な開発協力を得ているそう。

「Whereby(ウェアバイ)」は旧名を「appear.in」という、ブラウザ完結型のオンライン会議サービスで、世界中のビジネスシーンで使われています。

ノルウェーの大手システム会社Videonor ASの子会社として運営されています。日本語対応がまだされていないのが少々不便ですが、簡単な操作に定評があるようです。

たくのむのURLの有効期限はいつまで?使いまわし?

「Whereby(ウェアバイ)」のセキュリティについて調べてみると、「無料版だとルームのURLが1つしかないので使いまわしになるのが不安」という声がありました。

本家の「Whereby(ウェアバイ)」では、無料アカウント1つにつき、作成できる会議ルームが1つしかなく、そのURLをずっと利用する形式のようです。

しかし、「たくのむ」では飲み会ルームを作るたびに新しくURLが生成され、使いまわしではないようです。

「たくのむ」の飲む会ルームURLは、約1日の有効期限があります。有効期限内なら、同じURLのルームに入退室は自由にできます。

「Zoom」の脆弱性のひとつとして、Zoomの会議IDが9ケタか10ケタの番号であり、ランダムに入れても当たる可能性があったことがあげられています。

「たくのむ」は、URLの飲み会ルームのIDと思われる部分が、アルファベットと数字で構成されています。

試してみたときにはアルファベット8文字、アンダーバー、数字6ケタで、新しく作成すると別のURLが作成されました。

これならランダムで入室するのは難しいでしょうし、比較的安全と考えられそうですね。

たくのむはルームにパスワードはかけられる?

オンライン会議ツールのZoomは、会議ルームにパスワードをかけることができますね。

セキュリティ面で不安だという意見も多いですが、パスワードがあれば安心感があります。

では「たくのむ」は飲み会ルームURLに、パスワードをかけられるのでしょうか。

残念ながら、「たくのむ」はパスワードの機能がありません。URLさえわかれば、誰でもルームに入ることができます。

飲み会ルームのURLを安易に公開しないよう、取り扱いには注意が必要です。

(誰でもいいから入ってきてほしいという場合は別ですが、トラブルにつながりやすいと思われます)

「たくのむ」について、現時点でセキュリティリスクは指摘されていませんが、注意しながら利用していきたいですね。

たくのむでオンライン飲み会を楽しもう

「たくのむ」がオンライン飲み会ツールとしておすすめな理由、「たくのむ」の使い方や機能、セキュリティについてまとめました。

色々なビデオ通話ツール、アプリがありますが、「たくのむ」は参加者の誰もアカウント登録がいらない、アプリのダウンロードもいらない、というのが大きな特徴です。

「たくのむ」を提供している1010株式会社代表の清瀬さんは、開発裏話で「仕事で使っているツールだと仕事の感覚が抜けなかったり、リラックスして話ができなかったりする」と発言されています。

あえて仕事とは別に使えるオンライン飲み会専用ツールを作ったようです。

アカウントいらずなので、プライベートで使うツールのアカウントが増えて面倒といったこともなく楽ちんですよね。実際に使ってみた人も高評価なよう。

普通の飲み会は、幹事が段取りすることが多く大変ですが、「たくのむ」を使ったオンライン飲み会なら、飲み会ルームを作るのも数クリック!

参加者のうち特定の誰かに大きな負担がかかることはありませんし、料理や飲みものは、他の人に気兼ねなく好きなものを食べたり飲んだりできます。

最悪寝てしまっても家なので誰かに迷惑をかけずに済みます。いつも飲み会では介抱する側だという人も、気楽に参加できるのではないでしょうか。

まずは気兼ねなく話せる相手と試してみるのがおすすめです。


スポンサーリンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました